<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.04.06 Monday

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -

2020.04.06 Monday

前哨戦ツアー無観客ライブ有料配信を終えて

前哨戦ツアー無観客ライブ有料配信を終えて



大阪、名古屋、東京と初めての環境と試みで開催させて頂いた無観客ライブ有料配信のツアーファイナルが終わりました。

想像を超える数のお客様にプレミア配信チケットをご購入頂きまして、
本当にありがとうございました。

最初、大阪のライブの数日前にJinnyOops!のひーちゃんと無観客ライブの話をしました。

私は3月の前半ではコロナ感染の怖さも、医療崩壊の危機も今よりは知識なく、できるならやりたい、と思う気持ちが大きかったです。

でも話を聞いたり、いろいろ調べていくうちに本当にやばいな、
という事が分かり、無観客に切り替えました。

とはいえ、そこまで切り替える過程では、大好きなみんなへかける迷惑やら、迷わせてしまってる事やら、みんなの健康を大切にしたい気持ちやら、ライブハウスに還元したい気持ちやらといろんな背景が浮かんできました。

登場人物
バンド
お客さん
ライブハウス

この3つのトライアングルをどうやってみんなが納得して、少し我慢と自粛の中で笑顔を生み出せるのか。そして経済をまわせるのか。

これを考え抜きました。

ジニーとは3ヶ所一緒だったので、これはこの2バンドでタッグを組んで、作りあげるという事がとても大事な事でした。

Who the Bitchだけでは今回の前哨戦ツアーの完走はできなかった。本当に感謝しています。

そして、無観客ライブ有料配信を決定してから大阪Pangea、名古屋MUSIC FARM、各場所での出演予定のAn sept.とBACK TO THE NYに連絡をしました。

本当はライブハウスで普通に開催したいという気持ち、それが分かりました。
でもうちらの意向を汲んでくれて、前向きに協力してくれた皆さん、本当ありがとう。

その時点では無観客ライブ有料配信はあまりやってるバンドもいなかったし、本当に一か八かでした。だから、出演者もライブハウスも不安だったと思う。

引っ張っていかなければいけないうちらも不安でした。
準備段階で訪れる数々の壁。

配信コンテンツの模索。
条件。
収益方法。
回線状況。

チケット代。

中でも回線状況に関しては本当やってみないと分からないところがあった。
何かあった時にお客さんからチケット代をいただいて行うのに、
映像が乱れまくったらどうしよう、とかね。。。
もしそうなったら買ってくれたお客さんに後で録画した動画をお届けしよう、その為に買ってくださったお客様とも連絡とれるのか、とか。

ツイキャスは優秀でしたし、
結果としては問題なかったんだけど。。。

そしてライブ当日大阪Pangeaから名古屋MUSIC FARMを開催、
対バンの演奏を見るたびに涙して、ひとつの空間をみんなで協力しあって作りあげる事に感動すら覚えた。

支えあう。ってこういう事なんやなって。。。

当たり前にライブできない中に
生まれてくる人の愛がそこにはあった。

そう、協力してくれたみんな、家から参加してくれたみんなのおかげだよ!

ありがとう。

東京編西永福JAMはより厳しいギリギリの状況の中ジニーは東京に来る事を泣く泣く諦め、虎の子ラミーも参加できなくなった。
本当2バンドともやる気でいてくれたんだ。

当日ひーちゃんしか参加できなくなって本当ドタバタしたけど、
ジニーの愛のあるハチマキ姿と、ひーちゃんの司会にアーカイブ見て泣けてきちゃうよ。

OAではみっちゃんとちーちゃんがいるつもりで私がジニーちゃんの名曲をかわりに歌わせてもらったよ。
ひーちゃんとは当日しか合わせられなかったけど、なんか、これまでの前哨戦ツアーのいろんな壁を共に超えてこれた同士として、最後までハラハラしながらもとても有意義な時間だった。
ひーちゃんありがと。

そして、前哨戦のツアーファイナルはワンマンライブ。

思いっきり楽しんだよ。

目の前のお客さんはひーちゃんとスタッフさんだけ。

でも、iPhoneのカメラの奥にみんながいてくれる事、
本当に感じていた。

みんなの心に音楽のシャワーを!
私の心に、なおしの心に、みずたんの心に音楽のシャワーを!

そう、心に!

少し心が穏やかになったり、楽しくなってくれてたなら嬉しいな。

マシュマロの歌詞で好きな所があってら

マシュマロ、
背負ったものが重くて恨む、
そんな日もあるだろう。
でもまた、教えてよあすなろ

人の情け、愛を知るチャンスだと。

ってところ。

なんだか、本当今もぴったりに感じてる。

今、こんな状況だからこそ、
人と人とが支えあって、
譲りあっていける心が、
気付かなかった人の愛や情けや優しさを知るチャンスだと。

小さな日常に感謝して、
また収束したら思いっきりライブハウスで一緒に声だして行こうね。

会えなくてもWho the Bitchは
いっぱいいっぱい考えたり、挑戦して、みんなが楽しんでもらえるよう、みんなの心に、自分たちの心の栄養管理も兼ねて、お届けできるように頑張ってくね!
みんなに喜んでもらえる事を考えるのが楽しい。

みんな大好き。

最後に、ライブハウスの皆様が喜んでくれた。
嬉しかったよ。やってよかったよ。

長々と読んでくれてありがとう。















 



image1.jpeg

2020.01.29 Wednesday

九州ツアーで思った事

九州ツアーで思った事


2日たって、どんどん時は流れていき、もう次のトライが目の前にある。

時間てあっという間だ。
好きな事してたらあっという間。

今回初めての単独ツアー。
いや、実は過去、名古屋に弾き語りで
Who the Bitchを結成する前に一度だけあった。
心細かったけど、がむしゃらだったのも覚えている。

その頃は
路上にミニアンプとマイクスタンドを運んで歌ってみたりもしてた。

バンドがなくて、一人だった寂しさは覚えてる。

時が経ち、Who the Bitchを結成して、
活動の中でさまざまな人に出会い、繋がれた事で
今回一人で九州の福岡、佐賀、長崎と3カ所のツアーをさせて頂いた。
今回は一人だけど、一人じゃなかった!

背中にWho the Bitchがついててくれた。
また、応援に駆けつけてくれた人もいた。

あの頃の単独ツアーと違って
それにより、私は''自分との旅''をすることができた。

確実に私を変えてくれた
ソロツアー。

歌うという事に向き合う。
ひたすらそうだった。

私は私の歌に問いかけ
私は私の歌を愛し
私は私の歌が生まれた日の事を懐かしみ
私の過去と私の今をつなげ

今ある私を自分で認め

まだまだやれると前を向く。


今ある私を支えてくれる人に、
応援してくれるみんなに、
私は私の歌を届ける

これから何が生まれるだろう。
楽しみでならないよ。

自分に甘えなく
絶対立つと誓ったステージ。

奮い立たせてくれた人がいた。

もう一人の歌う人
そして、目を輝かせて
聞きにきた人たち。

RADIOTSのYOSHIYAXXX
さん
最終の長崎の日は
YOSHIYAXXXさんのステージは
涙を流してみてた。

最高だった。

なんだろなぁ。

歌に真っ正面から向き合う姿
もはやバンドでやってるみたいな
熱と空気。


いろんな背景を背負って、人は
生きてる。
過去の悲しみとか、トラウマ、、

それを力に変えて前を向き続ける事って簡単じゃない。
だけど、立ち向かう姿に
感動し、人の心は揺さぶられる。


歌う事、歌える事、
こんな環境がある事って
当たり前ではない。

今あるこの
時の流れも、過ぎ去る日常もそうだ。

また流れの中で
当たり前じゃない事を
忘れちゃう事があった時に

きっと、ふと
思い出させてくれるだろう。

この九州ツアーは。。。



YOSHIYAXXXさん
DEAD ROCK PROJECT長尾さん
対バンの皆様
来てくれたビッチーズ
graf、PUNCHED BIRTH、
裸蛇、
出逢ってくれた皆様ありがとうございました。









image0.jpeg

2020.01.20 Monday

いつも後ろで、、、

いつも後ろで、、、


いつも後ろでひっそり応援してくれるあなたへ

ステージから
私は後ろの方を見てよく歌います。
顔がはっきり見えないけど
魂は飛ぶようにと後ろに向かって歌ます。

もちろん、前のお客さんを見て
魂も飛ばします。

後ろでひっそり応援してくれてるあなたに
私はステージからしかお礼を言った事がないかも知れません。

終わった後、
出し切って立ち上がれない時もあります。 

本当は駆け寄ってみんなにお礼言って周りたいくらい。

一人でひっそり見てくれてる方とお話できず、お礼を直接言えてないかもしれない。

でも、本当に感謝してます。

ブログからでごめんね。

来てくれて、応援してくれて、
ありがとう。

私の大きな力となってます。

だからライブハウスの後ろまで絶対届く歌でお返ししていきます。

なんだかうまく書けなくてごめん。

でも、一対一がいっぱい重なるのがライブなんだと思ってます。

WhotheBitchの1と来てくれたお客さんの1人1人。
そこに橋をかけたい。

大きな橋をかけるんじゃなくて
ひとつひとつかけていきたい。

そう思ってます。

とにかくとにかく
ありがとうを改めて。








2020.01.12 Sunday

ライブ後のきもち

ライブ後のきもち



泣けてくるくらい
昨日は嬉しかったなぁ。

ラジオでも話させてもらった。

チラCD配布ご協力のお礼。

ありがとう。

そして、いつも駆けつけて来てくれるビッチーズ。
ありがとう。

詳しくはこちら

https://radiotalk.jp/talk/216290


セトリはまさに

攻めビッチ発表日に相応な内容にした。

一発目
Bridgeは
今年15周年イヤーの集大成、渋谷クラブクアトロに繋げるスタート
を意味した。

以降はノンストップで
爆裂ナンバーでお届けした。

最高のキックオフ!
と書いてるツイッターみて、

よき例えにしてくれて、
気持ちが真上むいてます。

2020.01.08 Wednesday

やっちまったなぁ〜

やっちまったなぁ〜



みなさま、ラジオ聞いてくれてるかしらぁ♪
毎日コンテンツ溜まっていくのは嬉しいなぁ。

実践を確認できるのは
モチベに繋がるよね!

続けてきた自分を褒めてやれる。

ただ、、、
なんでダイエット続かんのん?

いや、続いてるつもりやけど。

すき焼き食べてしまったん。

朝おかゆをお茶碗に半分、
昼ラスクの菓子1個
 コーヒーがぶ飲み

夜 すき焼きwww
爆発しすぎやろ。
ご飯はたべてないよ。

お肉たくさん残っててついついね

また明日からがんばるー。

ほんまかいなw
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
TRACKBACK
RECOMMEND
ミラクルファイト de GO! GO! GO!
ミラクルファイト de GO! GO! GO! (JUGEMレビュー »)
Who the Bitch
聞きごたえあり!
聞いてライブに遊びに来るべし!
FEED

無料ブログサービスJUGEM


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.