<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.08.06 Sunday

関内Baysis

昨日は最高でございました。

チリヌルヲワカ、Drop'sありがとうございます😊

Baysisさんにも感謝です!


みずえちゃんとどえちゃんとも日本初ライブ!

という以外な感じでした。

40分は、あーっというまでしたが

お客さんもあたたかく、また、ビッチーズは元気いっぱいでした。


CDもたくさん買っていただき感謝!

ライブハウス限定CD.ラババン.ステッカーの1500円キャンペーンも始まりまして、たくさんの方のご購入に感謝いたします!



FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

2017.07.12 Wednesday

台湾の一週間

最高の一週間でした!

世界は音楽を通して素晴らしい絆を生むことができるのだ。


台湾にツアーに行かせてもらうたびに人の愛情をたくさん感じて

感謝を感じてます。


日本に迎えた時、自分たちもきちんとお返ししたいです。


P!SCO、毎回素晴らしい機会をくれてありがとう。


ここでアジアシリーズで歌った

Being P!SCO   

Japnese Verの言葉


遠い空の下で生まれて

遠い空の下で育った

そんなみんなとの出会い


想像超えるようなドキドキ

想像超えるような感動

そんなみんなとの出会い


音楽か繋げてくれた奇跡  

今もこれからもずっと


P!SCO

君は友達

P!SCO

ずっと変わらない

P!SCO

ここで叫けぶよ


ありがとうP!SCO



そしてそして、

たくさんたくさん刺激をくれた

日本の対バンの皆さん 

ありがとうございましたー!


また日本でも引き続きよろしくお願いします!




IMG_6986.JPG

IMG_6956.JPG

2017.06.28 Wednesday

リアライズについて

リアライズ

さて、久しぶりに新しい音源を皆なんに聞いてもらえる事にワクワクしております。

活休中にたくさん曲を作ってたんだけど、
インサイド以外の2曲は復活してから書き下ろした曲を選曲いたしました。

リアライズはまたライブでお披露目できてないですが、
わりとWhotheBitchにとっては新しい台風の目となりそうな楽曲となってます!
歌詞もなかなか面白い言葉を使ってまして、思わず歌いたくなるような曲です。
あまり歌詞にはでてこないような言葉を選んでますが、メロディができた時、このサビ言葉が頭から離れなくなりループいたしました次第です。是非チェックしてみてね!

揺れる太陽は
赤いレモンティーのアンサーソングのような気持ちで書きました。
赤いレモンティーを作った時は実は悲しみの中で、生きて行く事や訪れる死に対しての葛藤が凄くあった。
何で長生きする人と短命な人がいるのか、それはなんで決まってしまうのか、、、
人の命の長さや終わり方について
なんで平等じゃないの?って。
声という曲でも歌詞に書いていますが、それについての答えは私にはわからないんやけど、
気づかせてくれた事がたくさんあるから。

あの頃の自分やそれを取り巻く環境、あの頃のたくさんたくさん悔しくて涙を流したあの場所に時が経って改めて立った時に自分がたくさんの人に支えられてここまでやってこれたのだと感じた。

太陽が優しかった。

是非聞いてみて下さい。

インサイドは
ビッチの活休中に感じた事を書いてます。
大好きなバンド、そして現実の生活、見に来てくれたお客さんの生活の背景を考えて書きました。

ながちゃんわかちゃん、エンジニアの藤田さんの力を借りて素晴らしい作品となってます。

とにかく、とにかく、
皆さんに是非とも聞いてもらいたい作品です。

ジャケットも素晴らしい!ノリボンありがとう。

これを引っさげて始まるツアーが楽しみでなりません。
Nao★とビッチスタッフとサポートメンバーのみずえちゃん、どえちゃんでガンガンいきますので
お楽しみに!
たくさんの方に聞いてもらえますように。。。

よろしくお願いします!



FullSizeRender.jpg

2017.04.24 Monday

Oh Sister!

Oh Sister!

東京編、大阪編無事に終了いたしました。

ありがとう。

Hen Lee 、An Sept.そしてそして
Jinny Oops!

最高の出会いと仲間に感謝します!
そして、来てくれた皆々様に感謝しまーす!

活休後のライブ、
台湾から始まり、なんだかNaoちゃんとステージに立ってて以前よりも同じ波の上に乗ってる感がハンパないねんな。

安心感も通り越した大きな信頼感。

10年の活動プラス2年の活休を経て、ようやく本当に本当にWhotheBitchは
こんなバンドです!って
二人で同じ方向を向いて胸張っていえる気がしている。

それは
精神的なベクトルの事やねんけど。

もちろん向いてる方向はこれまでも同じだったんだけど
ピンポイントで同じなのよ。
言葉ではなくそれは空気でわかるのよ。

なかなか文章にはかけないから
ライブで体感してほしい!

これからも突き進むので!!!

そしてジニーちゃん。

ほんまに出会えてよかった!
これからもお互い刺激しあって、
いきましょね!
いろんな景色を一緒にみてみたいと思わせてくれた最高のバンドだぜ!

本当にありがとう!

またいつか、、、

いきましょの盆踊りを踊り倒しましょう。



FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg
photo by mayumin

2017.03.08 Wednesday

台湾からミヤの日

今日は完全オフなんで何してるかっていうと、いちごとお散歩を終えて田舎町のカフェに一人で来てブログ書いてます。

ビョークが流れております。

台湾でのP!SCO7周年記念ライブに参加させてもらって、
更にやる気と刺激をもらいました!

P!SCOのチームはメンバーさんの他、カメラさん、テックさん、ビデオカメラさん、通訳さん、PAさん、と様々なスタッフさんがいて、みんなで日本のビッチフェスにも来てくれたんだけど、
P!SCOへのリスペクトと愛情が凄いのです。
素晴らしい仲間達の中、ステージが作りあげられ、メンバーがのびのび演奏している。
そして、ゲストである私達への愛のあるケアに感動のしっぱなしでした。

スタッフさんとの関係や信頼って
本当に大きなパワーに繋がるのよね。

そして、WhotheBitbhを手伝ってくれる周りの人達のことを考えてて愛おしくなってました。

活休までの時も、復活の時もWhotheBitchを全力で支えてくれる人たちを思って。

ずっとありがとうの気持ちを形にしてお返ししたいという思い。

音楽、ライブでしかないんやけど

本当に素晴らしいと、人生みた中で5本の指に入るようなライブをしなければ。

改めて、スタッフの皆さんに感謝します。
いつも支えてくれて、心強いです。ありがとう。

ほんで、これからもよろしくお願いします!




今日は3月8日、
ミヤの日。

毎年行ってきた、ミヤザワールド
もたくさんの人が関わって来てくれた。


人にいつも助けてもらって、
乗り越えてきたなぁ、私の人生。

と、この時期は振り返るのです。

今でも命日やミヤの日にはカレーライスを食べてくれてる素晴らしき友よ、
20日に会えるのを楽しみにしております。

ではでは(^^)















FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

IMG_5562.JPG

FullSizeRender.jpg
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
TRACKBACK
RECOMMEND
ミラクルファイト de GO! GO! GO!
ミラクルファイト de GO! GO! GO! (JUGEMレビュー »)
Who the Bitch
聞きごたえあり!
聞いてライブに遊びに来るべし!
FEED

無料ブログサービスJUGEM


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.